CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< またね、にゃお子 | main | タイ・バンコクへ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
上海ウルルン滞在記
近々わけあって引っ越すことになりました。
今年は2ヶ月に1回の割合で引越しをしているような気がする。
早く落ち着きたいなあ、もう。

ところで、昨日友達がウチに遊びに来ました。
ウチは結構レトロなので、写真を撮らせてほしいってことで。
ベランダで写真を撮っていたら、となりのおばあちゃんが出てきました。

おばあちゃんとはベランダが共有なので、時々カタコトの中国語で
お話したり、雨の日には私の洗濯物を屋根のあるところへ避難しておいて
くれたりと、お世話になったりしたこともあったので、
「一緒に写真とりませんか」と言ってみたら、
「今日は服も部屋着でみっともないから駄目よ。
 でも、私の写真見せてあげるわ」
といって、私たちをお部屋に招いてくれたのです。

このおばあちゃん、ピアノの先生で、弟子の発表会の写真やら
成都にある別宅での写真なんかを見せてくれて。

で、ウチに来ていた友達(中国語可)が、
「彼女(私のこと)、もうすぐココ出て行くんだよ」
と言ったら、おばあちゃん驚いて
「まだ来たばかりなのに、もう出て行くの? とても寂しいわ。
 あなたのことはとても好きだったのに・・・。あなたが中国語を
 話せるなら、もっと色々お話できたのにね。」
と名残惜しんでくれるおばあちゃん。

そうこうしていると、おばあちゃんはオレンジを2個取り出してきて、
私に差し出します。
「モノを2つ贈るのは、縁起のいい意味があるのよ。」と。
道中何事も無く無事で帰れるように、との意味のようです。


やっぱり一緒に写真を撮りたいと思ったので、おばあちゃんを説得
したら、やっと着替えてくれたw。
で、一緒に写真を撮って、もひとつリクエストをしてみた。
「ピアノで何か弾いてもらってもいい?」

そしたらおばあちゃん快諾してくれて、
「じゃあ、お別れの花を贈りたいところだけど、花が無いから
ピアノの曲を花の代わりに。」といって1曲弾いてくれました。

弾き終わってからおばあちゃんが手を差し伸べてきて、
「どうだった? よかった?」と言ってくれたとき、
私は感動して涙が・・・。
「よかったのに、何で泣くの? じゃあ今度はもうちょっと
 元気の出る曲を弾いてあげるわ。」
と、もう1曲弾いてくれて。

んー、近所づきあいっていいものだなあ。

高層マンションで新築に近くて何もかも揃っていて、
快適便利な所も魅力的だけど、
こういう古い建物での生活は、少し不便だけど
昔ながらの生活をずっと送っている人情味あふれる人たちと
触れ合うことができる。短い間だったけど、ここに住んでよかったなぁと
思ったひと時でした。
そういえば大阪で住んでたアパートもこんなだったっけ。

「引っ越す時には、ウチの玄関をノックしてくれたら見送るからね。」
最後にそう言ってくれたおばあちゃん。本当にありがとう。


| 中国・上海 | 23:31 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |
コメント
何処の国にも暖かいものがあるんですね。
いい話ありがとう。これもdecibelさんの人柄からきてるのかも知れませんね。
| morei | 2004/09/05 10:20 AM |
いやぁ、どうやら年配の方には好かれるようです。
今日は道端で買った天津甘栗みたいなモノ
(殻がはじけてて、実が見えてるやつ。日本でも
祭りの露天で売ってたな)
をおばあちゃんにおすそ分けしてきました。
| decibel | 2004/09/05 10:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://decibel.jugem.cc/trackback/38
トラックバック
カンコウ草ってどうなの?
ウルルン滞在記でやってましたね。 カンコウ草! あれってどこで買うんですかね。 って、見つけまし...
| ウルルン滞在記でうるる | 2007/01/19 7:41 PM |